PARRUSH’s blog

サラリーマンゴルファーのPARRUSHです。ゴルフが大好きなので、ゴルフに関する記事を書いていきます。https://gridge.info/curator/1214

ゴルフは平常心でやる!は本当だった!


f:id:PARRUSH:20210303221716j:image
ゴルフで様々な邪念があると、プレーが上手くいかない!と良く言われることです。私も、ゴルフは平常心でと常日頃思い、様々な雑念を払うようにプレーをして来ました。

しかしながら、今回のゴルフは、このところの仕事における様々な心配が雑念となって、集中出来ずにスコアを作ることが出来ませんでした。

今すぐ、どうのこうのという状況ではありませんでしたが、プレーの途中で時折心配が頭を過り、あとから考えて振り返ると集中していなかったと思います。

それでも、前半は「今日はゴルフの間は忘れて楽しもう!」と思い、言い方プレーをしていましたが、後半は少しずつ心配が頭に溜まってきました!

これがつまらないミスを誘発して、前半は集中して寄っていたパットも距離感が合わなくなり、3パットに見舞われました!

そして、それがさらにゴルフを楽しむという、今日のテーマをも、ぶち壊していきました!

最後の上がりは本当に集中力も切れて、早く終わりたいという気持ちになってしまいました!

結果は残念なラウンドになりました。しかし、やはり、ゴルフは平常心が大事だということを学んだことは、最大のの収穫だったと思います。

まだ、ラウンドが続きます!心配事はいつ解決するのか?とても不安な日々が続きます!

春本番も直ぐそこです。桜を見ながら笑顔でゴルフが出来るように頑張ります!

今週は、ゴルフ練習のお話をしましょう!


f:id:PARRUSH:20210222101510j:image
ゴルフは、他のスポーツと同様に練習をしないと、上達しません。しかも、その練習をかなり一生懸命やっても、簡単に結果が出ない非常に難しいスポーツだと思います!

「俺はなかなか100が切れないんだよね!」と嘆いているゴルファーも、多くいるかもしれません!

しかし、そういう方に限って、普段は練習せずに、ゴルフコンペやプライベートのゴルフが近づくと、練習場に通うようになります。まあ、場当たり的な練習と言わせてもらいますが、これでは上達は望めません!

私は、ゴルフのラウンドが入っていない休みの日には、必ず練習に行きます!そして、その練習ではほとんどの場合、400球程度は練習します。

たまたま、通っているゴルフ場が安い料金の練習場であることから、このようにたくさんの球を打つことが出来ます!距離がないので、ドライバーショットの距離などを把握することは出来ませんが、その代わりに短いアプローチに重点をおいた練習をしています。

同じ距離を30球、50球、100球と練習します。ゴルフは身体に覚え込ませて、それをコースで再現しなければなりません!

しかし、このように重点的な練習をしていても、コースに行けば傾斜もあり、全てで練習の成果が出ることは少ないと思います。

それでも、繰り返し単調に思える練習を続けているのは、その練習の成果が必ず現れると信じているからです。

プロが豪快なショットを披露しますが、必ず地道な単調なアプローチの練習もしているはずです!それが試合で遭遇する万一の場合に備えたものなのです。

ゴルフはミスのゲームです。そのミスで遭遇した場面に備えていろいろな引き出しを身に付けることこそが練習です!

皆さんも、単調に見えるこのような練習を考えて下さい。それは継続的なものです。決して、場当たり的にならないようにしましょう!

 

2月も中旬になりラウンド毎に暖かくなってきた!新ラウンド日記第5回


f:id:PARRUSH:20210217165222j:image
冬の時期にはゴルフはしないという方もいます!確かに、寒くて着こんでいるために、身体も回らずに芝も薄いために、難しいコンディションが続きます!

しかし、毎年冬の寒さも少しずつ和らいで来て、時には暖かくなる日もあります。

特に、2月になると日によっては、とても暖かく感じる日も出てきます。まさに三寒四温ということになります。

こうなると、陽が伸びて来ている感覚も加わり、晴れれば太陽の温もりを感じる日も多くなって来ました。

三寒四温で、たまたま暖かい日にラウンドすることが出来れば、風もなければ日中はとても暖かくなります。

私は、いよいよ嬉しいシーズンが近づいてきたなぁ!と感じる日が多くなり、先日はセーターを着こんでスタートしましたが、その下は半袖のポロシャツを着てラウンド出来ました。そして、ラウンドの後半には、セーターを脱いで半袖ポロシャツにベストを着てプレーをしました。

え、こんな冬のシーズンに半袖と思われるかもしれませんが、ゴルフは本来半袖が基本だと思っています。スイングでは半袖はとてもスムーズな動きが出来て、プレーも楽しくなります。これから、少しずつこのような服装が多くなると思っていて、嬉しくなります。しかし、ゴルフでは服装をよく考える必要があり、最も重要なファクターは風です。晴れても風があれば、体感温度は下がりますし、多少気温が上がらなくても、晴れれて風がなければ、太陽の温もりを十分に感じることが出来ます。

翌日のゴルフに備えて、天気予報を風も含めて時間別に把握して、プレーの服装を決定します。しかし、当日の突然の天候の変化に合わせて、万一の対応が出来る準備は必要です。

朝の状況で、ロッカーで着替えをすることも少なくありません。

皆さんも天気予報を見て服装を決めて、ゴルフを楽しんで下さい。

コース改造中のホームコースで変則ラウンド~新ラウンド日記第4回


f:id:PARRUSH:20210208115622j:image
ホームコースの一つである、八幡CCは昨年の11月から第2期コース改造に入っていて、現在は新しく出来上がった6ホールを2回回る変則ラウンドになっています。

今年になって、もう一つのホームコースである川越CCをラウンドする機会が多く、今年初めての八幡CCのラウンドになりました。

距離も伸びて、グリーン回りのバンカーも新設された新しいコースは、決して優しくありません。さらに、グリーンがワングリーンで大きくなったために、乗せる場所によっては3パットの危険が待ち受けています!

昨年の年末にもラウンドしていますので、コースはわかっていますが、上手くいくホール、なかなか上手くいかないホールがあり、まだまだラウンドを重ねる必要があります!

そんな中で、実測165y程度のショートホールは池を越えていく、結構難関のホールです。特に池の部分の上を風が吹いていて、その読みもこのホールを難しくしています!なかなか、パーオン出来ないホールでした。

今日の1回目のラウンドでは、UTのショットが会心の当たりで、ピンめがけて飛んでいきました!ピンの手前に着地して、少し転がって、ピンのやや上に付きました。

上からの少しだけ曲がる、難しい速いラインでしたが、タッチと曲がりが絶妙で入りました!

新しいコースのホールで、初めてのバーディーでした!

今年の11月まで、6ホールを2回回って12ホールで終わる変則ラウンドが続きます!スコアを気にせずに、ショット練習のつもりで、ラウンドしたいと思います!

ハンディが上がりクラスが変更に!~努力が報われた!


f:id:PARRUSH:20210130181454j:image
ホームコースに入会して、9ヶ月が経ちました。この間、初めてもらったハンディは18でした。このハンディで月例を戦いながら、一生懸命練習をして来ました。

今年に入って、やっと練習の成果か出て、好調なラウンドが続き、月例でも、初めて3位に入賞しました!

このコースはハンディが厳しく、A1〈0-10〉、A2〈11-14〉、B〈15-20〉、C〈21-36〉と4クラスに別れています。これまでBクラスに入っていましたが、この度のハンディ改正で14になり、A2クラスに上がることになりました!

このコースは競技志向がとても強い倶楽部で、A2以上はアスリートが、多く所属しています!前にA2にいる方と同伴したことがありますが、とても上手でビックリしました!その方はHD12でしたが、これで12か?と思ったことを覚えています!

これからは、そのクラスの方と月例で戦うことになります。とても、腕前は違うと思いますが、まだ14ですから、胸を借りるつもりで、頑張りたいと思います!

一応、Aクラスにいることを誇りに、このクラスに恥じないようなプレーを続けて、またBクラスに落ちないように、精進したいと思います。

ゴルフの上達は努力です!そして様々なことを考えること、これに尽きると考えます!簡単に上達しないからこそ、一生懸命努力を継続して、上をめざすのです!これなしには、コルフの上達はないと確信しました。

これから、さらなる上達のための一歩を踏み出します!

ゴルフの崖っぷちは精神力との戦い!


f:id:PARRUSH:20210126174646j:image
ゴルフを趣味としている方は、ご存じだと思いますが、「ゴルフで崖っぷちに立たされたけど、踏ん張った!」という会話がよく行われます!

これは、その方の腕前によっても異なると思いますが、私の場合はハーフ45を超えるかどうかの線が、崖っぷちだと思っています!

ゴルフは通常ハーフ36ですから、45というスコアは各ホール+1のボギーペースが、崖っぷちとなります。

ホールが進んで行って、途中の7ホールや8ホール目で、「あ、45を超えてしまいそうだ!」ということは、ままあることです!

しかし、最初の2ホールを終わって、崖っぷちまであと2つである7オーバー+7というのは、あまり記憶にない最悪の状況です!

一般的なプレーの状況であれば、残り7ホールで3オーバーや4オーバーなどは当たり前です。そうなれば、45を超えて47ぐらいになってしまう!さらにその不調が続けば、50も超えてしまうような状態です!

この崖っぷちで踏ん張らないと、最悪の状況に陥ると覚悟しました。

前半が43でしたので、崖っぷちの45は超えても、何とか80台では回りたい!と自分に言い聞かせて、頑張ろうと考えました!

そこからの、7ホールをボギー2つで、最終的に9オーバーの45で終わりました!

しかも、パーが全て寄せワンで凌ぐという離れ業でした!いつもこうはいきません!くれぐれも大叩きをしないようにしなければと、反省のラウンドでした!

 

 

久しぶりのハーフ30台!なぜ、これが出たのか?新ラウンド日記第3回


f:id:PARRUSH:20210118185002j:image
今年も寒さの影響もあり、グリーンが凍って普通のゴルフが出来ない、ラウンドが続いていました。

しかし、最近にしては比較的暖かくなったラウンドの後半に、久しぶりの30台が出ました!

年に何回かは、30台やトータル70台が出ることもありますが、真冬のこの時期には、ほとんど出たことがありません。

それが、この時期に出たことで、昨年から取り組んでいるスイングは、効果があると確信しました。

今回の好調の主因は、インパクトゾーンを長く保つという意識だけでした!

スイングでは、細かいところをいじりたくなります。時々やや不安になることもありましたが、練習で積み上げたスイングだし、様々なチェックポイントもわかりましたので、仮に不調になっても、それを治すことが出来ると思っています!

今回は、細かいところではなく、インパクトゾーンの一点の意識だけでした!

今回の30台は1バーディー、1ボギー、1ダブルボギーという内容で、ダブルボギーは寄せワンを狙って傾斜を考えなかった、イージーミスでした。

これから、まだまだ寒い日が続きますが、寒さに負けずに、スイングを考え、マネジメントをしっかりして、大叩きしないゴルフを続けて行きたいと思います!