PARRUSH’s blog

サラリーマンゴルファーのPARRUSHです。ゴルフが大好きなので、ゴルフに関する記事を書いていきます。https://gridge.info/curator/1214

女子プロゴルフツアー第2戦の舞台「土佐カントリークラブ」をご紹介!・〈前編〉〜コース紹介第1回

2020年の女子ゴルフツアーも3月の上旬に沖縄で開幕します。続く第戦の舞台が、今回ご紹介する四国・高知県の「土佐カントリークラブ」です。太平洋を望む素晴らしい景観の名門コースです。

今回は、ちょうど1ヶ月前に、ラウンドしましたので、トーナメントコースをご紹介します。先ず、前編では、コースの歴史と、クラブハウスなどを紹介します。

土佐カントリークラブの歴史!

コース開場は、昭和42年ですが、18ホールの開場は昭和43年です。その後、昭和49年に36ホールのコースになりました。設計は田中常雄です。

平成29年に開業50周年を迎えた歴史のあるゴルフ場です。平成20年から、女子プロゴルフツアーを開催して今年が13回目になります。

f:id:PARRUSH:20200218092244j:plain


 

コースの特長と昨年のトーナメントを振り返る!

この土佐CCは、明治安田生命レディスヨコハマタイヤゴルフトーナメントで、毎年使用されています。丘陵コースで、女子プロも土佐CCに手こずる手強いコースです。

昨年の大会は、賞金女王になった「鈴木愛」が優勝していますが、その優勝スコアが−9ということからも、決して簡単ではないということがわかります。この大会で、昨年はまだ無名に近かった「渋野日向子」が、6位タイに入っています。

 

土佐CCの素晴らしさは、その景観です。

クラブハウスや、コースから太平洋を望むことができます。 そして、ホールでは、太平洋に向かって豪快な打ち下ろしや、戦略的な打ち上げなど、気の抜けないホールが続いています。

次回は、「土佐CC」のコースをご紹介しましょう!

 

ゴルフは仕事に通ず!〈5〉ゴルフの絆が仕事に役立ちます!

「ゴルフと仕事は通ず!」ということをお伝えしていますが、今回はゴルフの効能として「人とのつながりが仕事に通じること」をお伝えします。

ゴルフは、一人ではなく4人でラウンドするのが基本です。

それは、長い時間を一緒に過ごすということで、必ず同伴者との絆ができます。

これが、仕事にも役立つということをお話していきます。

f:id:PARRUSH:20200210165329j:plain

ゴルフは、人とのネットワークを作る最適の手段!

営業をやっている方はわかると思いますが、営業の相手方がゴルフが大好きな場合には、その話がきっかけになりますよね。

また、様々な業界の中にはゴルフが盛んなところもあります。初めての方でも、一度でもゴルフでご一緒すればすぐに打ち解けますし、まずは自分を知ってもらうためには最適な手段です。

そして、一度ラウンドすれば気心も知れて、「この間はお世話になりました、最近の調子はどうですか?」と、和やかな会話から入れます。

人間関係を作るという、ビジネスで重要なネットワーク・絆を作るためには、ゴルフはとても有効な手段だと思います。

お互いの性格を隠すことができない! だから、ゴルフは人を知る手段となる!

「ゴルフは性格が出る」とよく言われます。

それは、6時間もの長い間一緒にいて、上手くいくことが少なく、ミスのスポーツだからです。

ミスをした時には、その人の性格が必ず表に現れます。これは、隠しようがありません。

ところが、例えば2時間程度の飲み会であれば、自分の性格を出さなくても、その場はしのげます。

上級者でももちろん、上手くいかない時には性格が出ますし、ビギナーも同様です!

自分を知ってもらうためにも有効!

人間関係で重要なことは、自分を知ってもらうことです。

自分を知ってもらうためには、何が有効でしょうか?

選挙のように自分のことを声高に述べているだけでは、知ってもらうことにはなりません。

相手に、自分がわかってもらわないといけないわけで、それは言動だけではなく、行動もあるわけです。

そして、ゴルフはその人の性格が出るので、「あ、この人はこんな性格なんだ!」と本当の自分を知ってもらえるのです!

ゴルフをやって、会社内外のネットワークと絆かできる!

ゴルフをやって人との絆を作るとお伝えしてきましたが、これは会社内でも、会社外でも同様です。

例えば、会社の中でゴルフが好きだとは聞いているが、あまり話をしたことがない人とラウンドすれば、次からは気軽に話ができるでしょう!

「どうですか? 最近のゴルフの調子は?」といった具合です。

また、会社外の方とは、営業場面では当たり前ですが、偶然別の場所で会うことがあっても、最近の調子などゴルフの話で盛り上がるでしょう。

同じ趣味を持つ者同士ということで、その絆は単なる飲み会など以上に深いものになるのです!

ゴルフが、仕事の人とのネットワーク作りに役立つことが理解していただいたと思います。

これを生かさない手はない、そのためにも若い人達にゴルフをやってもらいたいものです!

ゴルフは仕事に通ず!〈4〉ゴルフも仕事もポジティブな考えが重要です!

このシリーズでは「ゴルフは仕事に通ず」ということをお話しています。

ゴルフも仕事も考え方次第で、結果が違ってくることがあります。

今回は、「ゴルフも仕事もポジティブに考えることが必要だ」ということをお伝えしたいと思います。

f:id:PARRUSH:20191227125526j:plain

ゴルフもポジティブに考えることで上手くいく!

ゴルフはメンタルなスポーツだと言われますが、良いと思えば良くなるし、悪いと思えば悪くなります。

だから、ポジティブに考えること、要は気持ちの持ち方が大事です。

例えば、ゴルフは様々な条件の中で、常に適切な対応を求められます。

ラウンドでは、ショットを待つことができません。嫌でも、次のショットを打たなければならないし、その結果責任はすべて自分にあります。

だから、瞬間的な判断力と決断力が、必要になります。

仕事もポジティブに考えることで上手くいく!

仕事も同じで、ネガティブに考えて失敗を恐れると、何もできなくなり、決していい結果が得られないことが多いと思います。

そして、仕事にも景気などの波があって、その変化に対応しなければならず、その変化に対して常に能動的に対応していくこと、そんな姿勢でいることが大切だと思います。

調子が悪い時でも、逃げられないのですから、ポジティブに考えましょう!

ゴルフの調子が悪い時、ショットに自信が持てないこともありますが、そんな時でも自分の番が来たら打たなければなりません!

ですから、その時にいろいろと考えても始まりません。自信を持ってポジティブに考えてショットに集中しましょう!

待ってくれない、それがゴルフです!

また、仕事はゴルフ以上に待ってくれません!

決められたことは進んで行ってしまいます。

「私はやりません」と言ったら会社の中で蚊帳の外になってしまいますから、会社が決めた方向、意思決定された事柄は進めていく必要があります。

「それは自信がないので、私はできません」という言葉は出せないでしょう!

ゴルフも仕事もきちんと準備をしてきたら、心配せずにしっかりとやり遂げること!

ゴルフの上達のために、練習をして頑張っていることでしょう。

でも、常に不安と背中合わせですよね。上手くいくだろうか? ショットは? パットは? スコアは? と考え出したらきりがないですね。

しかし、ちゃんと準備はしてラウンドに臨んでいることでしょう。

だとしたら、ここでは細かいことを気にせずに、目の前の1打に集中することです。

ネガティブな考えは捨てて、ポジティブに考えるようにします。それが好結果を生むことになると思います。

一方、仕事も新しいことや、大きなことに対して、準備をしてきたと思います。

そのことを忘れて、上手くいくだろうか? 失敗したらどうしよう? などと、ネガティブなことばかりを考えていたら、自信がない仕事に対する社員と見えるでしょう。

心配は、事前にやることです!

このように、ゴルフも仕事もポジティブに考えることで上手くいくのです。ミスをしたら、こういうこともあるという考えが必要でしょう!

さあ、ポジティブな考えで、ゴルフと仕事で成功しましょう!

ゴルフは仕事に通ず!〈3〉私がゴルフ部の学生キャディーに話したこと!

皆さんは、キャディー付のラウンドで学生のアルバイトキャディーが付いた経験はありますか?
私がたまにラウンドするコースで、付近にある大学のゴルフ部の学生が、アルバイトでキャディーとして付くことがあります。
今回は、「ゴルフは仕事に通ずる!」というお話を、この学生アルバイトキャディーとの会話から見てみましょう!

f:id:PARRUSH:20200127191322j:plain


大学の体育会系ゴルフ部で、4年間真剣にゴルフに打ち込んできたことは、かけがえのない財産だと思います。

会社によっては、体育会系の学生を採用したいと考えるところも多いと思います。
私も、4年間の学業とゴルフの両立をしてきた学生には親近感を感じます!
ましてや、ゴルフは高齢になっても生涯できるスポーツですから、それは財産です。
また、ゴルフは若いうちに始めたほうが良いということは、ゴルファーなら誰でも感じることでしょう。
もっとも、ゴルフ部に在籍していても、腕の差はあると思います。しかし、それでも、アマチュアのシングルクラス、またはそれに近い腕前は持っているでしょう。
では、そのゴルフの腕前をどのように役立てるのでしょうか?
これだけジュニアの育成が盛んになると、若くても相当の腕前の学生も多いと思います。
プロを目指す者、ゴルフ関係の会社への就職を目指す者、等です。

まず、学生キャディーに聞くこと「プロを目指しているの?」

私は、付いた学生キャディーにまず「ベストスコアは?」という質問をします。
それを聞いたうえで、70を切るような腕前であれば、即座に「プロを目指しているの?」と聞きます。
また、ベストスコアが75以上の場合でも、一応同様のことを聞きます。
体育会系のゴルフ部に所属して、ゴルフの上達を目指して頑張っているのですから、さらに上を目指したいと考えていると思うからです。
以前は、この質問に「プロを目指します!」という学生もいましたが、最近は少しずつ減少しているように感じます。
一方で、「就職します」と答える学生キャディーが増えています。

「プロの道は大変だから、普通に就職すれば必ず役立つよ!」とアドバイスします!

私が、学生キャディーにこの質問をするのは、『プロは大変だから、なかなか飯が食えない、だからゴルフがある程度上手いということで就職をしてもらいたい!』とアドバイスしたいからです!
皆さんの会社にゴルフ部出身の新入社員が来たら、どうしますか?
私なら、どの程度の腕前なのか見てみたいと考えます。早速、ラウンドしようという話になると思います。
そして、ゴルフの盛んな会社であれば、今度どこどこにゴルフ部出身の新入社員が入ってきた、と話題になるでしょう!
他の新入社員よりも、早く顔と名前が売れるでしょうね!
そうです。ある程度以上の腕前なら、アマチュアとして、会社の中で重宝される存在になる可能性があるのです。
何も、苦労してプロの道を目指す必要はないと考えます!
そして、ゴルフを続けたいと思うならば、社会人の会社対抗に出て、切磋琢磨する道もあるのです!

(余談)こんなに若くて、ゴルフが上手いのは羨ましいなぁ!

大学のゴルフ部で、上達を目指して頑張ってきたという宝物は、本当に羨ましいですね!
ゴルフ漬けの環境の中で身に付けたゴルフは、続けている限りある程度の力は、維持できるでしょう。
これからの社会人人生の中で、それを花咲かすことができるのです。
それを武器に、会社の中で頑張ってほしいと、心から祈っています!

ゴルフは仕事に通ず!〈2〉こうして若い社員がゴルフを始めました!

ゴルフ人口は、減少の一途を辿っています。

特に若い人のゴルフ人口が少なくなっています。

ゴルフは単なるスポーツ競技というだけではなく、仕事に役立つ様々な効能があります!

しかし、なかなかゴルフをやってもらえない。そんな悩みを抱えている年配ゴルファーの皆さんも多いのではないでしょうか?

今回は、「私のところではこうして若い社員がゴルフを始めた!」という、実践的な取り組みをご紹介します!

f:id:PARRUSH:20200114171540j:plain

若い社員は、ゴルフをやっていますか?

皆さんにお聞きします。

「皆さんの会社の若い社員は、ゴルフをやりますか?」

ゴルフ好きの同年代の方と話をすると、異口同音に「やらないんだよねぇ!」という答えが返ってきます。

そうです! 今の若い人達の中で、ゴルフをやる人は本当に少ないです!

昔、私が若い頃は先輩から「ゴルフをやるの?」と聞かれて、「やりません!」と答えると、「じゃ明日クラブを買いに行くから、お金を持ってきて!」と、言われたのを思い出します。

今の時代なら、間違いなくパワハラでアウトですが、昔はそんなことがまかり通りました。

そしてゴルフをやるようになり、どっぷりとゴルフにはまってしまった方も、少なくないと思います。

 


若い社員をゴルフに誘う方法とは?

昔は会社の中では、呑みに行く以外の付き合い方では、麻雀かゴルフかその両方というのが、一般的だったと思います。

ところが、今の若い人は呑みに行く訳でもなく、麻雀もせず、さらにゴルフもやらない!

いったい、何をしているのでしょうか?

その答えは、まずスマホでしょう!

そして、スマホにお金がかかるのと同時に、仕事とプライベートは別ということで、仕事が終わったら、自分の時間という割り切った考え方が隆盛を極めて、考え方が変わったことが大きな要因でしょう。

それでは、こんな状況の中で、若い社員をゴルフに誘うには、どうすれば良いでしょうか?

昔のように、パワハラになるやり方はダメですよ!

では、パワハラにならない誘い方はあるのかなぁと、悩んでしまいますよね。

ゴルフが仕事に役立つことを、丁寧に説いてやる!

会社の中でも人間関係は重要です! さらには社外の方との関係で、得意先や関係会社の方との人間関係も、とても重要です!

人間関係を作るには、人を知らなければなりません。

人を知る機会は様々ですが、ゴルフはほぼ6時間一緒に行動します。

そして、ゴルフは上手くいかないミスのゲームですから、ミスをした時にはその人の人間性が出てきます!

これは、隠しようがありません!

ですから、相手の人間性を見るには、ゴルフは最適な場だと思います!

「こんな人間観察ができる場はないのですから、これを生かさない手はありません」と、丁寧に説明をしながら、「ゴルフは良いよ! 仕事に役立つよ!」と説いていきましょう。

でも、この時に無理強いをしてはいけません。まず、興味がありそうな一人に、ゴルフについて何度も丁寧に説いていきます!

ここでも、無理強いをせずに、「やってみようかなぁ」という言葉が出るのをじっくりと待ちます!

様々な障害を取り払って、ゴルフに入りやすい環境作りをしましょう!

ゴルフは、お金がかかるスポーツだと思われています。まぁ、事実でしょうねぇ!

まずは、クラブを揃えて、ウェア、シューズ、細々とした小物類など、お金をかけたら際限ないですね。

ゴルフをやってみようかな、と興味を持った社員もいろいろなモノを揃えられません!となり兼ねません。

そこで、私のところでは、古いクラブを集めた持ち回りクラブというのがあって、初めてゴルフを始める社員には、このクラブを渡すことになっています。

さらに、シューズやウェアなどで、使えるものがあれば持ち寄ります!

これは、少しでもゴルフを始めるための、障害を取り除く一助です!

こうして、若い社員が一人始めると、面倒を見ながら楽しいと感じてもらう努力を!

若い社員の一人が始めたら、その社員が楽しいと感じてもらえるように、みんなでサポートします。

そして、この社員に、周りの同じ年頃の社員に向けて、「ゴルフは楽しいし面白いよ!」と言ってもらいます。

こうして、地道に若い社員のゴルフの輪を広げていくのです!

そして、「大きなコンペで盛り上がる! スコアはともかく、楽しかったし、一緒に回った人と、さらに気心が知れた」と、言ってもらえれば、グッドです!

どうですか?

こんな取り組みをして、若いゴルファーを増やす努力をしています。

 

ゴルフは仕事に通ず!〈1〉「着眼大局、着手小局」

このブログをご覧になっている方は、大半がサラリーマンだと思います。仕事をしながらゴルフの上達を目指して、頑張っているのではないでしょうか?もちろん私も同じで、サラリーマンで仕事をしながら、ゴルフの上達を目指している一人です。ゴルフをやっていて、「ゴルフと仕事は通ずるものがあるなぁ!」と思うことはありませんか?このテーマで、まず「ゴルフと仕事に通じる言葉」を紹介して、ゴルフと仕事を考えてみたいと思います!

f:id:PARRUSH:20191227125630j:plain

※東京よみうりカントリークラブ・18番ショートホール

この言葉は、ゴルフと仕事に通じるものがある!

久しぶりに目にした言葉で、以下のようなものがあります。囲碁の言葉ですが、「着眼大局、着手小局」というものです。これは、碁を打つ前には盤面全体を眺めて考え、実際に打つ手は慎重に行うという意味です。この言葉をゴルフに例えると、ゴルフではティーグラウンドに立って、全体を眺めてグリーンまでどう攻めるかの構想を考えます。そして、1打1打を丁寧に打っていくということです。一方、仕事では今の置かれた状況について全体を見渡しながら、長期、中期、短期で計画を練ったら、あとはそれに向かって、一歩一歩進んでいくということになります。

「着眼大局、着手小局」の如く、ゴルフも仕事も先ずは全体を眺めること!

この言葉の通りで、ゴルフも仕事も全体を見ずに突き進むと、見誤ってケガをすることがあります!

ゴルフでは、絶対に入れてはいけないハザードなどを確認せずに打ち、良いショットだったのに、結果は残念なことになるなど、です。また、仕事では全体を見ずに、自分の思い込みだけで突き進んでしまい、結果はこんなはずじゃなかった、というようなことです。いずれも、細かいところを見る前に、常に全体を俯瞰して見るということが大事だと思います!

そして、全体を眺めてそれを把握したら、実際にどのように進めるかを考える!

全体を見たら今度は、目の前のことに専念することです。まさに、次の一手をどうするかです。ゴルフでは、すでにコース全体は把握しているのですから、目の前のショットに集中しましょう!これが失敗したらとか、上手く当たるだろうか、などと考えずに思い切って振り抜きます! リスクを考えるのは、その前のことです。一方、仕事では全体を見て考えたことを実行に移すだけです。当然のことながら、様々な失敗をしないための策は、この前に出来上がっているでしょう!自信を持って取り組むこと、それが最良の結果をもたらすでしょう。ゴルフも仕事も、これだけの準備をして、やった結果ですから、その結果は素直に受け入れましょう。仮に、上手くいかなかったとしても、悔いはないはずです!このように、ゴルフにも仕事にも通ずるものがあるということです!

連続バーディーで30台を奪取!〜ラウンド日記第1回

ゴルフは流れのゲームだと言われます!

調子が良くてもちょっとしたことで、流れが変わり、スコアを崩していくことも少なくありません。

逆に、我慢をしてプレーを続けていたら、ご褒美が来て、最後は良いスコアで上がれる、というようなこともあります!

今回から、シリーズで「ラウンド日記」をお送りします。「ゴルフ」って、こんなこともあるんだ!と感じてもらえればと思います。

f:id:PARRUSH:20191220185454j:plain



天気も良く、絶好のゴルフ日和のラウンドでした!

ホームコースの東コースからスタートしました。スタートから、決して悪くはありませんが、何となく締まらないプレーをしていました。

5番ホールを終わって、3オーバーでした。そして、同伴者の一人が5番ホールでバーディーを取り、絶好調で、2オーバーでラウンドしていました。

続く、6番ショートは良い感じでしたが、ややショートで、上げるアプローチが必要な状況でした。これは、スコア的には絶体絶命のピンチでしたが、アプローチを寄せて、パーで凌ぎました。続く7番はグリーンエッジから、寄せワンのパーで良しと思っていたら、これが入ってバーディーとなりました。別の同伴者からは、5番のバーディーで、火がついたとからかわれましたが、確かにエンジンはかかりました。

8番は、グリーン左手前のラフで、このアプローチは傾斜の強いグリーンで、大きく右に切れるアプローチでしたが、これが、奇跡的に入ってしまいました。このホールの連続バーディーで、一気に1オーバーまで戻しました。最後の9番は惜しくもパーパットが入らずに、ボギーとなりましたが、トータル38で前半を終えました。5番までは締まらないゴルフだったのに、好スコアになりました!

連続バーディーなんて狙って取れるものでは、ありませんが、我慢をしていたこと、そして6番の厳しい状況からの、パー奪取がバーディーに繋がったと思います。

流れは、無理に引き寄せずに、じっと我慢すること、これが鉄則だということを、再認識するラウンドになりました!